低炭水化物ダイエットとは、人間の活動のエネルギー源である糖質と糖質に変化する炭水化物の摂取を制限することによって、体内の脂肪を消費するというダイエット方法です。考案者であるロバート・アトキンス博士の名前からアトキンス式ダイエット、炭水化物からローカーボダイエットなどとも呼称されます。低炭水化物ダイエットの理論は、糖質と炭水化物以外のものはいくら食べても体内の脂肪は燃焼し続けるため、体重は減少する為、食事量の制限が無い夢のようなダイエットです。実際に低炭水化物ダイエットを始めてみると、短期間で驚くほど体重が減少する効果が出るので非常に人気も有ります。しかし一方で、炭水化物を厳密に制限しすぎると低血糖状態を引き起こしやすい、栄養のバランスが崩れるので健康を害する可能性がある、日本人の主食である米を食べることができないのでストレスが溜まる、元の食生活に戻すとリバウンドしやすい、など注意しなければならない点も多く有ります。しかし、正しい方法で低炭水化物ダイエットを行えば、ごく短期間で体重を減らすことができ、メタボリックも解消することができます。そして、他のダイエット方法(低インシュリンダイエット、キャベツダイエット等が有効です)と組み合わせることにより、リバウンドすることなく標準体重を保つことが可能です。十分に注意すべきことと、長続きさせるためのコツを守ることによって低炭水化物ダイエットを楽しく実行して健康的な身体を手に入れましょう。

低炭水化物ダイエットの効果的な実践方法

低炭水化物ダイエットを実行するには、一日の炭水化物の摂取量を100グラム程度に抑える必要があります。しかし、炭水化物は根菜類にも含まれている上、果物、調味料、タレなどにも糖分が含まれているものが多くあります。従って、ご飯、麺類、パンを制限しても、必要な摂取量は他の食材から取れます。特に果物は栄養バランスの側面からもあまり制限しない方が良いでしょう。また、夜(夕食)に摂取した炭水化物と糖分は脂肪になりやすいので、より厳密な制限をすることが望ましいです。ご飯に限って計算すれば、朝と昼は茶碗半分程度、夜は食べないのが理想的です。主食である米を食べないと食事が何とも心細くなってしまうので、ちょっと変わったレシピで乗り切りましょう。油揚げを使ったピザトーストはあるある大事典でも紹介されていましたが、コンニャクを使った麺料理や食前にキャベツを食べるキャベツダイエットをとり入れることによって、満腹感を得ることがダイエットを継続するコツです。間食は、お菓子のほとんどは炭水化物や糖分が含まれているので、誘惑を断ち切るのが難しいのですが、野菜スティックなどは歯ごたえがあるのでおススメです。また、やり始めるとびっくりするぐらい痩せるので、まじめな人はつい「もっと炭水化物を抜けば」と無理をしてしまいがちです。しかし身体を壊してしまっては元も子もないので、適度な量の炭水化物は摂取して、低血糖対策に飴やチョコレートを持ち歩くのが良いでしょう。

低炭水化物ダイエットを続けるコツ

低炭水化物ダイエットを続けるコツは、体重を記録することにあります。炭水化物と糖分を制限された食生活は非常にストレスが溜まりますが、毎日体重を計ることにより成果が目に見えますので、それを記録することが大きな力になります。この時、体重の記録は紙の日記に書いても良いのですが、より効果が上がりやすいのがブログを開設してダイエット日記をつけることです。インターネットで日々のダイエットの効果を公開することにより、同じように低炭水化物ダイエットを実践している人からアドバイスや参考になるレシピ情報がもらえたりするので張り合いが出てきます。更に一日の食事を記録し続けると、何が問題で体重が減らなかったのかということが自分でチェックすることができます。食事を記録する癖が付くと、低炭水化物ダイエットをやめた後も摂取カロリーの計算が自然とできるようになるのでリバウンドを防ぐことができます。また、標準体重になった後もいきなり食生活を元に戻すのではなく、低インシュリンダイエットに移行すると安定した食生活を送ることができます。その際に毎日の食事をブログに記録し続ければ非常に参考になります。
低炭水化物ダイエットを続ける上で障害になるのは外食です。外食から炭水化物を除外すると食べる物の選択肢が非常に少なくなります。特に、コンビニで調達できるものはサラダとおでんとゆで卵くらいしか残らないので、それらと蕎麦などのGI値の低い食べ物を組み合わせることが成功の秘訣です。